感想

昨日のルパン,なんかビミョーでした。ストーリー展開がはやすぎて・・・・何がなんだかわかりませんでしたでも,最後のラブシーン(!?)はよかったですよでも,今回珍しくルパンはヒロインに惚れませんでしたねなんか意外だなあと思ったら,ヒロインに会ってからヒロインとあれこれしたシーンの記憶が消えちゃってたからなんですねでも,ほんっと,今回のルパンはヒロインに素っ気なかったですねぇもっとヒロインに入れ込めばよかったのに。ルパンらしくないなぁ・・・なルパンでしたまぁ,作画はかっこよかったから良かったですよ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

感想

昨日のルパン,なんかビミョーでした。ストーリー展開がはやすぎて・・・・何がなんだかわかりませんでしたでも,最後のラブシーン(!?)はよかったですよでも,今回珍しくルパンはヒロインに惚れませんでしたねなんか意外だなあと思ったら,ヒロインに会ってからヒロインとあれこれしたシーンの記憶が消えちゃってたからなんですねでも,ほんっと,今回のルパンはヒロインに素っ気なかったですねぇもっとヒロインに入れ込めばよかったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やったぁぁ!!

こんばんはなにやらテンション高めのセロリですだって久々に家に帰ってきたら,金曜ロードショーでルパンがあるんですよ~今夜9時からです楽しみだなぁルパンファンの皆さん,お見逃しなくところで,今話題(?)のルパン三世 GREEN vs REDについて,情報がほしいんですが・・・・DVD発売からもう3ヶ月ちかくたっているらしいのに・・・・まだお目にかかってないんですよどんなお話なのか教えて下さいお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

ルパンのssもたくさん描いたもので,9作品も作りました。それで,最初に作った2作品,一粒のダイヤより・・・と,一粒のダイヤより・・・・(次元視点)が,最近の記事に表示されなくなりました。でも,記事の題名の上に出ている<<一粒のダイヤより・・・・というマークをクリックすると,ちゃんと見れますので,ご安心ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目の毒(ルパン+ジゲフジ)

滅多に見ない光景だったから,最初は関心を隠しきれなかったんだ。

::::目の毒::::::

俺はのんびりとした休暇を,俺の――ルパン三世のアジトですごしていた。今日ばかりは赤いジャケットも脱いで,左胸にプレイボーイのマークがプリントされたシンプルな赤いTシャツを着て,アジトの庭に設置されたハンモックに身を任せ,朝の心地よい空気を満喫していた。こんなのんびりとした休暇のすごし方は大体決まっている。このハンモックからアジトの中の仲間たちの生活を観察すること。もちろんこの庭から筒抜けに見えるのはリビングだけで,それぞれのプライベートルームまでは見えないわけで,誰もリビングに降りてこない日もある。そんなときは足元に常備している雑誌をぱらぱらめくりながら風を感じるという,まぁ,どっちにしろ贅沢な過ごし方だが,俺さま的には前者が好きで後者は退屈すぎる。そんなわけで,いつものようにリビングにちらちらと目をやりながら新聞を読んでいた。「んんっ!」新聞から目を離してリビングを見ると,滅多に見ることができない,休暇スタイルの次元大介がソファに寝転んで新聞を読んでいた。俺と色違いのTシャツ(青)をきて,いつもはワックスで固めている前髪をゴムで結んでいる。「ラッキィこんな次元,滅多に見れないぜ」写真でも撮ってやろうか。そんなただでさえ珍しい光景の中に,もっと珍しい光景が俺の目に飛び込んできた。パジャマ姿の不二子。髪は一箇所にまとめてくくっていて,いつもよりその姿が幼く見える。いましたが起きました,と説明するように目をこすりながらおはようも言わずに次元に文句を言い出した。「ちょっとぉ,次元?そこ,あたしの場所よ?」「そんなの誰が決めたんだよ」言い争いをしだした。いつもの光景だ。「あたしが決めたのよ!」「早い者勝ちだろ?」「だめよ!どいて!!」「いすならそこにあるじゃねぇか。」「すわり心地悪いのよ!!」「そんなに居心地いいところを分捕りたいならルパンからハンモック盗ればいいじゃないか」あ,といった感じでこちらを見る不二子。でも,すぐに次元に向き直った。「日焼けしちゃうじゃない!!あたしの肌の色が黒に変わってもいいの?」「いや,別に俺が知ったこっちゃねぇな」「んもう!けちんぼ!!」最初はうるさそうに言葉を返していた次元だったが,言い合いが続くにつれて,次元は面白そうに,不二子はマジになっていっている。「けちんぼで悪かったなぁ,不二子ちゃん」「もう!!気持ち悪・・・・変な言い方しないでよっ!」くくく,と面白そうに笑う次元。見ているこっちも愉快な喧嘩。不二子ってこんなことでマジなるのか。「そんなにソファに座りてぇんならさ,」「なによっ」すっかりいじけて俺のハンモックと不二子的にすわり心地の悪いいすを交互に見ていた。どっちがマシかな,と考えながら,どうせ譲ってくんないんでしょ?といわんばかりにきつく返す不二子。「そんなに座りてぇなら一緒に使おうじゃねぇか」「え?」どういうこと?と問うような目で次元を見る。「おめぇさんが座って俺が寝転べばいい。」「はぁ?貴方が寝転んだらあたしは座れないじゃない?」「頭かてぇなぁ」「なによっ!」ふたたび怒りに火がついた不二子。実は俺も次元の提案の意味がわからなかったりする。新聞をちらちら見ながらの観察では,両者の表情までは読み取れない。「まぁ,まずおまえが座れよ」「・・・・」だまって,まだ怒った顔のまま,座った。「で?これじぁ貴方は寝転べないじゃない」そういわれてまぁまぁ,単純に考えろって,と面白そうにつぶやくと,失礼するぜ,といって,なんと不二子の膝に頭を乗っけた。「うぇい!?どういうこったよ!?」つい声が出てしまった。次元もこんなことをするのか!!「うっそぉ・・・・・」目が離せない展開になってきた。新聞どころじゃない。「まっ・・・・こういうことだったのね?」「まっ,こういうことだよ」ちょっと面喰いつつ,嬉しそうな顔をしている。これ,CGじゃないよね?不二子ちゃんあんな顔するのか。そんなにうれしいのか!!もう,ちらっと見る程度じゃ物足りない。珍しいどころか,もう二度と見れないかもしれない,この二人のラブシーン。つい,ハンモックから身を乗り出して凝視していた。「して欲しいんなら言えばよかったじゃない。膝枕。」「膝枕して,なんてそうそう言えねぇもんだよ」「シャイなのね」うわぁ,お熱い。火傷しちゃう。見てる俺様が恥ずかしい。赤くなっちゃいそう。「悪かったな,シャイで」「そういう男もあたしは好きよ?」「お世辞がうまいこった」もうだめだ。俺みたいな部外者が見てちゃダメな雰囲気だ。ここにもう一人友達か誰か居たら,席,外してやれよと,肩をたたかれそうな雰囲気だ。「たまにはこういう雰囲気もいいものね」「まぁな」「顔がはっきり見える貴方って久しぶりね。」「アジトで会うこと自体珍しいからな」「ほんとにねぇ」「ゴム,取れよ。結んでるの,にあわねぇよ。」何も言わずにゴムを取る不二子。「貴方がそんなこと言うなんて・・・なんか・・・変なかんじなのに,うれしい」照れてる。「そりゃ,良かったじゃないか。やっぱ,おろしてたほうがいいな」「///そんなっ・・・・照れるじゃない・・・・」次元の無骨な手が,不二子の首に回された。やばい。さっきから二人のイイ雰囲気を邪魔しないよう,くしゃくしゃになった新聞に眼を向けていたが,新聞に目をとどめておくことが難しくなってきた。見たいような,見なくないような微妙な気分。今,だいぶ眼を向けたい衝動に駆られかけて,いかんいかんと眼を向けないようにする。でも,我慢できなかった。つい,その瞬間を見てしまった。

チュ。

ああ,こんなところに寝転んでリビングなんか見なければ良かった。

次元と不二子のラブシーンは

目の毒だ。

:::::あとがき::::

ラブラブな二人を観察するルパン様。基本的にルパンはこの二人の関係を認めている設定です。ラブラブな二人を見て恥ずかしがってるルパンって,かわいくないですか??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お別れ(日記)

こんにちは。セロリです!今日はちょっとテンション低めですなんでって。今日で長いこと通っていた某塾とお別れなんです長年親しんだ先生方,親友達,手紙で告ったら振るどころかドン引きされて話もしなくなったK・Y君ともお別れです。さびしい。さびしすぎる。どれくらいさびしいかというと,ルパンの主要キャラ(ルパン,次元,五右衛門,不二子,銭型)から,ルパンとっちゃったカンジです。他のキャラも魅力的なんですが,ルパンというおちゃらけた天才がいなければ,次元のクールさも,五右衛門の生真面目さも,不二子の美しさも際立たないでしょう。たぶんルパンがいるからみんな常人離れしたすごい人にみえるのであって,ルパンがいなかったら次元はただの冷静な人,五右衛門は時代についていけてない人,不二子はただの悪女,銭型のとっちゃんにいたってはただのさえない刑事にうつってしまうと思います。セロリにとって某塾は,ルパン3世の主役,ルパンと同じように,生活の主役でした。夏休みも,冬休みも暇をすることなく,楽しくて充実した日々をすごすことができました。某塾はルパンのような存在でしたが,実際セロリのクラスの雰囲気もルパンファミリーのようなカンジでした。凡人なんて一人もいない,ある集団ははルパンのように変態でおちゃらけた馬鹿みたいににぎやかな人たちの集団で,また,ある集団は次元のようにクールで落ち着いた,先生たちからも一目置かれる天才集団。ややルパン集団に遊ばれぎみ。おとなしくて真面目,でもなかなか馬鹿にできない成績をとる五右衛門的集団,不二子のように場を騒がせたり,静めたり,唯一ルパン集団を手玉に取れる最強集団。そんな騒がしくていたずら好きでなかなか侮れないセロリ達を銭型のように追まわし,必要とあらば怒鳴りつける先生方。ちなみにセロリは不二子と次元の集団にいましたそしてルパン集団とも銭型集団とも仲良しでしたそんな皆と,もう一年に五回しかあえないなんてかなしすぎ。卒業式より泣けると思うくらいさびしい。物事には必ず始まりと終わりがあるわけですが,こんなに終わりなんて来なければいいのに・・・・・と思った事って初めてです。今日は,最後の授業を満喫してきたいと思います。

受験のとき,一番面倒見てくれたのに,ウザイなんて言ってすみませんでした。O先生。

一番怖くて,一番好きだったI先生,やっと担任になってくれたのにお別れだなんてさびしいですね。

A先生とは,「つき合ってる」という噂まででた程仲良くさせてもらいました。

K先生は,受験のことを最もO先生以外の先生の中で理解し,応援してくれたことに感謝してます。

その他の先生方も,ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次元がかけないっ(日記)

こんにちは!セロリです。セロリもssだけではなくイラストも描いているのですが・・・・・大好きなルパンファミリーが描けないっルパンはかろうじて描けるのですが・・・・・・・次元!!大好きな次元が描けないっ帽子なしなら描けるけど・・・・・誰か書き方のコツをおしえてくださいっっ不二子さんはまだましにかけます。五右衛門は・・・・もう違う人になっちゃいます・・・・どうしたらうまくいくんだろう・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルパンのop(日記)

おはようございます!セロリですもう春休みになってすることも無いのでyoutubeでルパン動画を探していたら,歴代のルパンのopとedがでてきました!やっぱりどれをみても「カッコいいな」と思いましたが,中でも最も気に入ったのは,PARTⅢのopの曲です。ピンクのジャケットのルパンは,セロリ的になんか異常にいい人っぽくて,あんまり好きじゃなかったんですが,このopの動画を見てあぁ,カッコいいと思いました!映像もいいし,なんといっても歌詞がカッコいいんですよ!ルパンの時代子供だった人たちがとってもうらやましい感じです。毎週決まった日に決まった時間にルパン達に会えるなんて!あんなカッコいいopを毎週見ていたなんて!!うらやましすぎです!!セクシー・アドベンチャーという歌らしいです。歌の感じはとっても古いけど,今セロリが聞いてもカッコいい!と思える曲です。ルパンっぽくってとってもいい歌詞ですよね!

セクシー・アドベンチャー

ゆれる 瞳 神秘の海か

胸の 奥は 焼け付く砂漠か

欺く言葉に とどろく銃声

セクシー・アドベンチャー

危険な夢といわれても

スリルの為に 全てを

俺は賭けてもいい

It' s thg t ime to play the game 熱いときめき

甘いコロンに 火薬の匂い

It' s the t ime to take a chance 派手にキメるぜ

デリシャスな勝利が 俺を待っている

今夜こそ女神の キスを奪うのさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つまっちまった(次元)

俺は普通に用を足しただけだったのに。何だって詰っちまうんだ。

::::::::つまっちまった(次元):::::::::

「次元,ちょっと。」そういって手招きする不二子に素直に付いていってみると,トイレに辿り着いた。「なんだよ。」そういいつつ,実は察しがついていた。「つまってるじゃないの!!確か一番最後にトイレに行ったの,貴方だったじゃない。」「・・・・・異常な量が出たんだよ・・・・」「トイレットペーパーの使いすぎよ。ちゃんと処理しなさいよ。」「・・・・・」俺の声無き返事をくみとり,廊下の向こうに消えていった不二子の後姿をながめた。トイレに目をやると,ひどい有様だった。幸い,汚物は出ていなかったが,水に溶けたトイレットペーパーが,水浸しになった広いトイレの中に散らばっている。「うぇ・・・・」自分がケツを拭いた紙が,一面に散らばっているなんて。もう吐きそうである。でも,自分で汚したのである。責任を取って綺麗にしなければ。まず,床の掃除。こちらは,程なくして終わった。しかし。トイレのつまりが直らない。「ん~??」すっぽんを便器に突っ込んで,バコン,と押す。これで大体収拾がつくはずなのに。押しが弱いのか?「んっ!」ガポン。押せばいいってもんでもないらしい。こんな具合でなん十回も試しているうちに,なんだかコツがつかめてきたような気がした。右手でしっかりすっぽんの棒の部分をもち,しっかりと腰を入れて左手ですっぽんをおしだす。ごぽっ「おっ?」ごぽごぽごぽ・・・・・「おおっ」直った。「直った!!!」仕事もこのごろなくて,退屈していたこのごろ,こんなに嬉しいと思ったことがあっただろうか?俺は,柄にも無くうおおっ!と叫びたい気分になった。不覚にもつまらせて良かった,などと考えていた。それに,つまったトイレを直すコツもわかった。次からはつまらせても対処できる。とりあえず直ってよかった。

一週間後・・・・・

「次元,わりぃけど,トイレ直してくれねぇか?」「自分でしろよルパン。」「だぁって,次元ちゃんうまいじゃないかぁ。」「なにが?」「トイレ直すの。」

・・・・・俺はトイレを直す係りになっていた。

::::::あとがき::::::

このはなしもセロリ自身が体験した話。なんか,詰ったトイレが流れるととっても嬉しくなるのってセロリだけでしょうか。ちなみに,ありえない量出たものは,もちろんう○こです。すっぽんは,ラバーカップのことです。

                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼

こんにちは!セロリです!今日はssじゃなくて日記ですセロリの家はもうすぐ(一週間後)に引越しをするので,たんすなどの収納BOXの中がカラッポですたんすはからっぽでも特に困らないのですが・・・・・・なんと,冷蔵庫のなかまでカラッポでしたさて,そろそろお昼ごはん作ろっかな~と思って冷蔵庫をあけたらカラッポでした・・・・・あるのは卵一個,小麦粉,カレーのルー,パン粉,納豆だけ・・・・何にも作れない。使いすぎたら親に怒られてしまうので,このままでは納豆にタレをかけたモノをモサモサ食べるという,悲しすぎる昼食をむかえなけれはなってしまいます・・・・・どうしようか。(真剣)あるもので何とか作るか。お米をたこうか。(お米ができたら納豆オンリーではなく,納豆ご飯が食べれる)勇気を出して買いに行こうか。そろそろおなかもすいてきました。買いに行こうか・・・・いや,でもご飯を買ったらお金がっ・・・・・(心の葛藤)カレー粉があるからダメもとで作ってみようかと思って野菜庫をみてみたら,白菜,味噌,セロリ(野菜の)しかありませんでした・・・・・もうだめですね。決めましたっ!買いに行きますっ!1kmくらい歩かなきゃだけど,お昼食べなきゃその後の活動に支障がでますし・・・・・・意を決して今から行ってまいりますっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コーヒー